Fandom


初春飾利
UiharuKazari
初登場 第一巻
CV 豊崎愛生
能力名 定温保存(サーマルハンド)
レベル 低能力者(レベル1)

人物編集

能力編集

能力はレベル1の「定温保存(サーマルハンド)」。触れている物体の温度を一定に保つことができる能力だが、高温や低温の物体にはそもそも触れることができないため、能力を使うことができるのは常温内に存在する物体に限られる。原作ではその能力を使う場面はないが、乱雑解放編で春上のために鯛焼きを買ってきた際、この能力を使って鯛焼きを温かいまま持ってきたことで春上を驚かせていた。このとき、転校したてで不安だった春上に対し自分の能力を明かしているが、他の主要人物達には秘密にしている。

特殊技能編集

情報処理を得意としており、ハッカーたちの間では「守護神(ゴールキーパー)」と呼ばれる超一流のハッカーである。プロテクトされている情報をハッキングしたり、膨大なデータの中から特定の情報を見つけ出すことに長けているほか、自動で動く駆動鎧の操作を奪うこともできる。大覇星祭編では、数万台ある監視カメラの中から警策に操作を奪われていたカメラを特定してハッキングし、警策の人形が黒子に攻撃を仕掛けたタイミングで黒子が死ぬように見せかけた偽の映像を送り込み警策の目を騙した。
風紀委員になれたのもこの情報処理能力のためであり、黒子からは「試験を情報処理の一点突破で通った」と言われている。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。